団体概要

ごあいさつ

 群馬県教育文化事業団は、昭和55年に群馬県などの出資により「財団法人群馬県文化事業団」として発足しました。

 昭和60年には「群馬県教育文化事業団」と改称し、平成24年4月1日には公益法人制度改革に伴い、公益財団法人に移行し、様々な文化事業等の実践を通して本県の文化の振興に努めて参りました。

 当事業団は、県民の創造的な文化芸術活動を支援するとともに、高等学校等奨学金の貸与を通じ次代を担う人材の育成を行い、群馬県の文化の発展と明るく潤いと活力に満ちた県民生活の実現に寄与することを目的としております。

 また、この目的を達成するため、県民芸術祭の企画運営、優れた文化芸術鑑賞機会の提供、機関誌・情報誌の発行、伝統文化の保存継承、奨学金貸与等の事業を行うとともに、ベイシア文化ホール(群馬県民会館)の指定管理者として安心・安全な利用と文化芸術事業の推進に努めております。

 今日の大変厳しい経済・社会情勢の中、事業目的を達成するためには、これまで以上の効率的な運営と多くの県民の皆様に親しまれる事業展開が求められております。文化芸術の価値観は多種多様でありますが、当事業団は県民の皆様の期待に応えるため、役職員が知恵を絞り県民の皆様の声に耳を傾けながら、公益財団法人としての使命を果たして参りたいと考えております。

 これからも、このホームページを通じて、当事業団の事業等をお知らせして参りますので、多くの皆様の御参加・御利用を心からお待ちしております。また、御意見等ございましたら事務局へお寄せくださいますようお願い申し上げます。  

理事長 笠原 寛 

事業概要

 公益財団法人群馬県教育文化事業団は、個性豊かな群馬の文化芸術づくり、優れた芸術に親しむ機会の提供等をとおして、県民の創造的な文化芸術活動を支援するとともに、高等学校等奨学金の貸与を通じ次代を担う人材の育成を行い、もって、群馬県の文化の発展と明るく潤いと活力に満ちた県民生活の実 現に寄与することを目的とするため次の事業を行っています。

  1. 文化芸術の創造及び発信
  2. 文化芸術を育む環境づくり
  3. 伝統文化の保存・継承・発展
  4. 文化芸術振興のための拠点施設(群馬県民会館)の運営
  5. 高等学校等奨学金の貸与
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

沿革

昭和55年3月15日 財団法人群馬県文化事業団設立
昭和60年6月 財団法人群馬県教育文化事業団に改称
昭和62年10月28日 群馬県生涯学習センターの開館、管理の一部受託
平成11年11月1日 群馬県民会館の統合
平成14年4月1日 群馬県生涯学習センターの事務事業及び施設管理の全部受託(~平成18年3月31日)
平成18年4月1日 指定管理者の指定を受けた群馬県民会館の管理運営(~平成23年3月31日)
平成23年4月1日 指定管理者の指定を受けた群馬県民会館の管理運営(~平成28年3月31日)
平成24年4月1日 公益財団法人群馬県教育文化事業団に移行
平成28年4月1日 指定管理者の指定を受けた群馬県民会館の管理運営(~平成33年3月31日)

組織図 (令和3年5月15日 現在)

 

職員数

▲TOP