古馬牧の人形浄瑠璃

 古馬牧の人形浄瑠璃   
(写真はみなかみ町教育委員会提供)    

名  称 古馬牧の人形浄瑠璃(こめまきのにんぎょうじょうるり)
伝承地 利根郡みなかみ町下牧 下牧公民館
期  日 4月15日(下牧地区敬老会)ほか
概  要
 古馬牧の人形浄瑠璃(下牧人形)は、義太夫節と三味線に合わせて演じる3人遣いの人形芝居である。元禄年間(約300年前)に始まり、上方の人形遣い吉田勘十に「文楽」の操り方も伝授された。その後、下牧人形芝居保存会吉田座が保存管理し、伝承上演している。昭和58年(1983)、県指定重要無形民俗文化財。昭和63年(1988)に群馬県教育文化功労賞、平成13年(2001)に文部科学大臣地域文化功労者表彰。
交通アクセス JR上越線 後閑駅からバス8分。
問い合わせ みなかみ町教育委員会(TEL 0278−62−2275)
リ ン ク 先 http://www.town.minakami.gunma.jp/ (みなかみ町ホームページ)

※写真の転載はお止めください。


トップページへ戻る